FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「根拠ある自信」をつける

先日 藤 拓弘先生が 送ってくださったメールで 「根拠ある自信」をつけるには

どうすればいいのか、というお話がありました。


ある高校生を対象とした調査で 「自分は価値のある人間である」 という質問に

YES 、と答えた割合が 日本7,5% 韓国20,2% 中国42,2% アメリカ57,2%

という結果であったといいます。

日本人の謙遜もあるかもしれませんが それにしてもこの数字は低い!


子どもの自信を強くさせれば 子育ての90%は成功したも同然である、といわれます。

そのためにはどうすればいいか・・

愛情によって 「根拠のない自信」をつけさせる(0才~6才) のは親の役割

7才から12才は 自分の努力によって 「根拠ある自信」 を育てていく。

そのために 習い事に参加させて 研鑽と努力で自信を勝ち取っていいくのが重要である、

藤先生は ある本の中にこのように書かれている、と伝えてくださいました。


①ひとつの事に(例えば楽器)に継続して取り組む

②音楽という答えのない問題に取り組ませる

③他者とのかかわりでコミュニケーション能力を育てる


この3つが 「根拠ある自信」に必要なことであり それが ピアノ教室で得ることが

できる、と。

特に 「続けてきた」 という事実が 何かあった時の よりどころになり

また 楽譜から 何らかを読み取り 理想の演奏を追求することは 

自分で答えを導きだそうとする力をつけ

アンサンブルで 自分の役割を与えられ みんなでひとつのものをつくりあげるために

コミュニケーションの力がつく


我田引水のようですが 確かに この3つは 未来を担う子供たちにとって必要なことだと思います。

私は 自分の教室で 子どもたちが 「根拠ある自信」をつけられるように

ずっとその成長を見守り 応援し 励ましていきたいと強く思っています。

 





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://shiraiongaku.blog.fc2.com/tb.php/323-f790b216

プロフィール

ソランジュ

Author:ソランジュ
大阪府豊中市在住。
自宅でピアノ・エレクトーンの個人教室をしています。
趣味は語学学習。韓国ドラマを見るのが好きです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。